こんにちは!

 

毎週土曜日のブログ担当をしています、

提携コピーライターの林 孝治(はやし こうじ)です。

 

 

 

『メラビアンの法則』

を知っていますか?

 

アメリカの心理学者アルバート・メラビアンという人が提唱したもので、

話をしている人が、話を聞いている人に与える影響を研究して数値化されたものです。

 

平たく言えば、

コミュニケーションの仕組みを数字にして見える化したことになります。

 

 

たとえば、

 

朝、家族や社員と顔を合わせたときに

「おはようございます」

と挨拶をします。

 

そのときに、

「あれ、なんだか機嫌が悪いかも…」

と感じたことがありませんか?

 

反対に、

「今日はすごく機嫌が良さそうだな」

と感じたことがある方もいるかもしれません。

 

どちらも同じ「おはようございます」と言っているのに、

機嫌がいい・悪いと感じるのはなぜなのか、

という研究をして数字にしたものになります。

 

 

そこで、抑えておきたいことが、コミュニケーションの構造です。

 

コミュニケーションとは、

言葉を意味する「言語」とボディランゲージや声の質、大きさなどを指す「非言語」

の2つで構成されています。

 

では、その2つの要素がどのような割合になっていると思いますか?

 

 

実は、言語は100%のうち、たったの7%しか影響を与えないと言われて、

残りの93%は非言語になるんです。

 

 

さらに、その非言語も分かれていて、

声の質、大きさなど耳から入ってくる情報は38%で、

身振り手振りや表情など目から入ってくる情報が55%と言われています。

 

この非言語によって、相手の感情や気分を感じているんですね。

 

 

言い換えれば、

 

『相手がどんなことを話していたとしても、

 声の質や身振り手振りといった非言語によって

 話を聞いている人の受ける印象が変わる』

 

ということになります。

 

 

たった一言をどう話したかによって、あなたの印象が良くも悪くもなります。

怖いですよね^^;

 

 

ただ、考え方を変えれば、

話し方をきちんと意識できていれば、

相手に持ってほしい印象を持ってもらうことができる

とも言えます。

 

やさしいイメージを持ってもらいたければ、

おおらかな雰囲気で、ゆったりとしたスピードの口調、

にこやかな表情で話せば、そういう印象を与えることができます。

 

威厳があるようなイメージを持ってもらいたければ、

声のトーンを落とし、真面目そうな表情をしながら話せばいいかもしれません。

 

 

このように、あなたが相手にどんなイメージを持ってもらいたいかを考えて、

そのイメージに合わせて、目で見えることや声の質を作っていけば

そういう印象を与えることができます。

 

 

ぜひあなたの理想とするイメージを考えて、実践してみてください^^

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

地方創生がベースになっている・・・

『フリーペーパー道の駅 北海道・道央版』 2018年3月1日創刊!

≫≫≫ http://www.p-naruse.co.jp/michinoeki/

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

■次世代を創る情熱リーダーのための電子雑誌に当社特集掲載中!!

SUPER CEO

≫≫≫ http://superceo.jp/

 

■GENKIプロジェクト Facebookコミュニティー

旭川から元気の波動を広めたい!

是非「いいね」をポチッとお願いします!

≫≫≫ https://m.facebook.com/genki.project555/

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

『北の印刷屋さんショッピングモール』 http://www.p-naruse-ec.jp/

『北のデータ屋さん』 http://www.p-naruse-data.jp/

『しっぽの名刺屋さん』 http://www.shippo-meishi.jp/

『COCOAR(ココアル) 』 http://www.ar-naruse.jp/

『北の封筒屋さん』 http://www.p-futo.jp/

 

『北の印刷屋さん』を運営している成瀬印刷。

北海道旭川…旭山動物園のある街で頑張っている印刷会社です。